スパブログ

こちらはスパンキング、お仕置きに興味のある方に読んで頂きたいブログです。興味のない方は退出してください。 興味のある方は気軽に絡んで頂きたいです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最近気づいたこと

またスパブログ再開できました。
前回の日記の拍手をしてくださった方ありがとうございます。
しばらく更新してなかったのに見てくださる人がいるってことが嬉しかったです。


題名のとおり今日は最近気づいたお仕置きの姿勢について取り上げます。

前にも姿勢については記事にしたことありますが
OTK
ベンドオーバー
四つん這い
など色々あります。

最近私が考えた姿勢は四つん這いから腕を折り曲げた状態ですね。
イメージてきには背中が/←斜めになる状態でお尻が一番高い位置に来ます。
こうすると正直なとこ、生で叩くときはお尻の穴が丸見えです…。
でも恥ずかしさもお仕置きのうちですからしょうがないですよね。
この姿勢には他にも利点があります。
畳とか床でのOTKはお尻に力を入れることもできますがこの姿勢だとお尻に力が入れにくいためお仕置きする側も罰を与えやすいと思います。
そもそもお尻に力を入れてお仕置きを受けるっていうことが追加の対象ですけどね。
さらにこの姿勢だとお仕置きを受けざるおえないです。
OTKだと膝を曲げてお尻をかばえますが、この姿勢はどうすることもできません。お尻を震えさせてひたすらお仕置きを待つしかありませんね。

ベットの上でこの姿勢をすればケインとかパドルも打ちやすいのではないでしょうか。
スポンサーサイト
  1. 2010/12/16(木) 14:08:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

しばらく

お久しぶりです。
急に更新しなくてすいません。
しばらくすごい忙しくてやっと落ち着いたのでまた更新を再開しようと思います。

最近色んな方のスパンキングサイト見てそれぞれ違う考えを持ってるんだなって感じました。
だからさとあも自分が思い描くスパ、お仕置きをブログで伝えていきたいなって思いました。
  1. 2010/12/14(火) 23:52:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

お仕置き前

たくさんの拍手ありがとうございます!
本当に嬉しかったです♪


今日はお仕置き前の独特の空気について。
お仕置きはして頂くものだが、受ける側にとっては大変嫌なもの。
でも悪いことしたんだから叩かれて当然だし素直に受け入れなければなりません。
イヤイヤして左右に首振ったり、涙を流して今さら謝っても許されるわけもなく、無駄な抵抗です。
私はこの雰囲気を大事にしたいです。
もしかしたら人によってはお仕置きを受けるよりもお仕置き前の緊張感のが辛く長い時間に思えるかもしれないからです。

ワザとお仕置き前の時間を延ばすのもありですね。
「家に帰ってからお仕置き」
「ご飯食べてからお仕置き」
といった具合に。

3時間後…

「悪い子はこっち来なさい」
と言われ長いお仕置きの始まりです。

  1. 2010/07/08(木) 08:50:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お久しぶりです

なかなか更新できなくてすいません。
というより私のブログを読んでくれてる人は本当にいるのかとか考えてたらなかなか更新できなくて。。
でも今日久しぶりにブログ見たら前の記事の拍手の数が増えてたりして読んでくださってる方いるんだなーって思ってまたいっぱい更新しようと思ってます。
応援ありがとうございます!
これからも頑張ります(^^)ノ
  1. 2010/07/05(月) 00:00:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

躾(しつけ)って漢字で書くと身体に美しい。
意味は礼儀、作法を身に付けさせること。
つまりしつけは美しい人になるためには欠かせないもの。
礼儀、作法は自然に身につくものではない。
子供のときから親に教えられ、はじめて自分のものになる。

礼儀、作法は身に付けておかなければ大人になったときに恥ずかしい思いをする。
だから親はしっかりと子供に教える必要がある。
そのときに必然的に付いてくるのがお仕置き。
甘やかしてばかりでは礼儀は身に付きません。言って分からないときは体罰も与える。
子供は親から教えられる立場であり、従順でなければならない。
従順な心を育てるためにも自分からお尻を出すことを身に付けさせることもできる。
素直にお尻を出させるには、まず自分から出さない場合に辛いことが待っているということを子供に覚えさせる。
お尻を出さなかった日のお仕置きの最中に
「今日はお尻出すのが遅かったからお浣腸もするからね」
と言って追加罰があることを自覚させる。
さらに前の小説でもあったが、お尻叩きの数を増やす。
「もうおしまいにしようと思ったけどお尻出すの遅かったからお尻をもう少し反省させます」って言われたら次回のお仕置きは素直ないい子になるのでは。
次回もダメだったらさらに辛いお仕置きとかもありですね。

子供にとっては苦しくて辛いお仕置きだけど、美しい人になるには必要不可欠です。





※実際の教育とは無関係です。
  1. 2010/07/04(日) 23:51:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。